読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春夏秋冬の健康法

日本には春夏秋冬と4つの季節がありますね。

春は穏やかな暖かさが快適な季節ですが花粉症の季節でもありますね。

花粉症はアレルギー反応によっておこる症状なので普段からアレルギー体質にならないように健康に気を使うことが大切です。

アレルギー物質を摂取しないようにしておけば花粉症の予防になりますね。

暖かい快適な季節ですが、このようなデメリットがあるのが春ですね。

夏は馬鹿暑い季節です。

この暑い季節の最大の危険なところは熱中症ですね。

他の季節に比べて水分の補給が大切になってくる季節です。

必ずいつでの飲める飲料水を持ち続けて一日を過ごすことが大切です。

仕事中でもすぐ飲めるように身の周りには必ず飲料水を置いておくようにしましょう。

秋になってくるとインフルエンザが流行してきます。

過ごしやすい季節ですが朝晩の気温の差が急激に変化するのが秋です。

体温の調節を間違えてしまうとインフルエンザにかかりやすくなります。

少し寒いなっと感じたら厚着をすることを心がけましょう。

そして大丈夫と思ってもインフルエンザの予防注射は必ず受けておくことをオススメします。

予防注射をしたから絶対にインフルエンザにかからないというわけではないですが、万が一の時にかかりにくくしてくれるからです。

冬は一年で一番寒い季節です。

この季節の時に多いのが急激な温度変化による心臓病が多発するということです。

朝起きてすぐに寒いトイレなどに入ると心臓に多大な負担がかかります。

なので冬は必ず温まってから布団から出るように気をつける必要がありますね。

以上に注意して日本の春夏秋冬を健康的に過ごしていくようにしましょうね。